Posted on

脱毛は痛くない!肌に優しい施術方法を選ぶコツ

レーザーよりもフラッシュ脱毛

手足や両わき、vioラインのムダ毛を脱毛してみたいものの、施術時に痛みが気になってチャレンジできないという人はいませんか。脱毛は痛いというイメージがありますが、施術方法を確認して選ぶことで大幅に痛みを減らすことが可能です。脱毛には、レーザーを肌に照射するレーザー脱毛と、フラッシュ脱毛があります。この二つの脱毛方法は、照射範囲やムダ毛に対しての威力などの違いがあります。そのため、施術時の痛みにも大きな違いがでてきます。一般的に、レーザー脱毛よりもフラッシュ脱毛のほうが痛みが弱いと言われているので、痛みが心配だという人は、フラッシュ脱毛でムダ毛を処理するのがおすすめです。

フラッシュ脱毛ができるマシン

フラッシュ脱毛でも、使用するマシンによって特徴が変わってきます。IPL方式の脱毛マシンは、フラッシュを放射してムダ毛に含まれているメラニン色素に負荷を加えます。このメラニン色素は、黒色が濃いところに多く含まれているという特徴があります。ですので、両わきやvioラインのように太くて濃いムダ毛を処理するのに適している方法です。それに対して、SSC方式の脱毛マシンは、背中や顔などの産毛状態のケアに向いているマシンです。フラッシュを照射する前に、ムダ毛の生成を抑える効果のある専用ジェルを塗るのが大きな特徴です。フラッシュと専用ジェルの二つの効果でムダ毛を処理できるうえに、施術時の痛みがほとんどないことがssc方式のメリットになります。

脱毛のサービスの競合店が多いのが東京の新宿で、店舗同士がサービスを競っています。それで、新宿の脱毛は質の高いサービスを受けることが出来る店舗が多いのです。